家賃 滞納

今ではあまり聞くこともありませんが、以前は「借金も財産のうち」と言う人も意外と沢山いたものです。つまり、お金を貸してもらえているということは、自分が社会的信頼を得ていることの証拠だ、ということです。
そのような考え方に基づくとすれば、信用さえも財産になると考えているため、借金の多さ=信用の高さと主張していたのです。しかし、時代の流れとともにそのような考え方も通用しなくなってきました。昭和の終わりころまでは家賃滞納まだ見られていましたが、平成に入るとともに全くの時代遅れとなっていきました。

借金への考え方もさることながら、借金の呼び名も時ともに変化してきました。
かつては月賦・割賦などとといっていましたが、近年ではローン・クレジット・キャッシングなどへと呼び名が変わりそれに伴って、クリーンなイメージが植え付けられていきました。しかし、どんなにイメージの良い呼び方をしようとその実態は借金に他なりません。稼いでも稼いでも返済に家賃滞納消えていく借金まみれの人生はつらく、過酷なものです。
一方で、例外もあります。前向きな借金も確かに存在します。将来への先行投資としての借金はそれにあたるでしょう。
例えばマイホームの購入のためのローンや、太陽光発電機の取付、子供の学資ローンや自動車ローンなどです。しかし、挙げられるものはこの程度で圧倒的に少ないのも事実です。
前向きな借金と勘違いされているものも多くあります。その一つがブライダルローンです。豪華な結婚式や周囲への見栄のために、少しの借金くらいしょうがないと考えたのかもしれません。しかし、新生活がいよいよ始まるその時にいきなり借金家賃滞納を抱えたとして、それは上手くいくのでしょうか。2人の生活はゼロからのスタートです。なのに借金があるなんてむしろマイナスからのスタートになってしまいます。目先のことにとらわれず、これだけは避けたほうが良いでしょう。

 


ここでは、債務整理を考えた時に役立つ弁護士と司法書士の違いについて考えます。
借金で身動き取れなくなり返済のめどさえ立たないような場合には、専門家への家賃滞納相談をおすすめします。問題を解決するための専門家といえば、弁護士と司法書士ですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?
まず費用を抑えることを第一にするのならば司法書士の方が良いでしょう。司法書士は弁護士に頼んだ場合より安価に抑えることができます。ただし民事再生や自己破産を想定しているのであれば、いくら安くても司法書士を選んではいけません。
なぜなら、司法書士では代理申し立てができないため、相談に乗ってもらうことはできるとしても、民事再生や自己破産を裁判所に実際に申し立てるのは本人になるからです。そのため、面倒な手続きを自分でしなければなりません。そうなると結局費用も多めに必要になってしまいます。本人申し立てで自己破産を行うと、最低でも50万円はかかってしまいます。
この場合、家賃滞納代理権のある弁護士に頼んでおけば、少額管財手続となりますので、20万円程度で済みます。初期費用や相談料がが多少かかったとしても、結局は費用を安く抑えることができるのです。
しかし、借金が140万円以下で行う任意整理ならば、司法書士でも交渉権と代理権が家賃滞納与えられていますので、借金の金額や状況次第では司法書士という選択肢も有効です。
以上のことから、基本的に家賃滞納は民事再生や自己破産を考えた場合、目先の金額に囚われてしまわずに弁護士に依頼したほうが良いでしょう。

家賃 滞納

借金を返しきれなくなり、債務整理・自己破産を行うことにした家賃滞納場合、老後の年金受給について心配する方も多くおられます。あなたもそうした点を心配されているのではないでしょうか。
ほとんどの借金は自己破産により帳消しになりますが、実は年金保険料の納付については免除・帳消しの対象外なのです。無論免除も納付の免除ない代わりに差し押さえ財産の対象ともなりません。つまり、自己破産は年金に対し、全く影響しないのです。
従って年金を毎月納付しているのならば、将来問題なく年金受給を受けることができます。以上のことから、今後年金受給の予定のある世代の方々は家賃滞納安心して老後に備えることができます。
一方で現在、つまり自己破産の手続きを行う時点で年金受給対象者となっている人に関しては、気をつけなければならない点があります。年金の受給自体が停止することはありませんが、借入口座と年金受給の口座を同じくしている場合、年金は一旦振り込まれはしますが、それを引き出すことができなくなってしまうのです。どういうことかと言うと、自己破産を行った場合、口座自体の使用が不可能になってしまうのです。その上でその口座内のお金は、合法的に財産として借金の返済に充てられるので手元に年金を受け取ることは事実上出来なくなってしまいます。
勿論、裁判所を通じて年金受給の為に限り、口座を使用することは出来ますが、家賃滞納その他生活費に関しては当然認められません。加えて家賃滞納手続きの為に、時間も費用もかかってしまいますので現実的な方法ではないでしょう。